中国語は難しいと思っていませんか?

悩む女性 多くの人が「中国語は難しい・・」とおっしゃられるのを聞くことがあります。日本人は元々漢字を知っているので一見すると中国語は簡単そうに見えるのですが、会話をするとなると挫折してしまうのです。

書店で売られている中国語のテキストでも学ぶことはできるのですが、継続的に学び続けてレベルアップするのには限界がありますね。NHKのラジオ講座については展開があまりにも速すぎて内容について行けなくなるので、いつまでたっても初級講座を受講することになるのです。

多くの方が中国語を上達できないのは、能力がないからではなくて、学習法に起因するところが大きいように感じます。

では、どうすれば上手に中国語を話せるようになるのでしょうか?


重要なのは『会話』を重視した学習法です

私自身も経験がありますが、多くの中国語学習者が書店で販売されているテキストを購入して独学で中国語を勉強します。しかしテキストをひたすら読み続けての学習は文法を理解するのには多くの利点がありますが、会話を上達させることができません。

教室風景 これは中学・高校時代の6年間英語の授業を受けてきたのに、ほとんどの日本人が英語を話せないのと同様の現象です。なぜなら授業のおける会話の比率が非常に低いからです。

かと言ってネイティブとのマンツーマンの会話教室に通うとなると多額の費用が必要になります。


できるだけ費用を抑えながら効果的に中国語会話を上達させる方法があるでしょうか?

オススメなのが『会話を重視した学習法』です。これは単にテキストの内容を朗読するのではなく、実際の会話にも応用できる学習法です。一人でも実行可能なので、独学でも十分に会話力を身につけることができます。

私も実際に留学先のレッスンでこの方法を取り入れた学習をした経験がありますが、コツを掴んで集中力さえ身に付けがスクールや教室に行かなくても会話を上達させることができます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。